2016年10月10日

「スートラ」を観てきました

a0001_017714.jpg



福岡市在住の東雲ですが、先日は北九州は小倉に参り、ダンスパフォーマンス公演「スートラ」を観て参りました。
少林寺の僧侶たちによる、アクロバティックなダンスパフォーマンス。
チラシ観た途端予約を決意した、楽しみな楽しみな公演。
公演当日に、上演時間が70分だったと気づいて驚愕した公演(短い・・・)。
そして実に甘美な感覚にすっかり酔った公演でした。


公演の記事へのリンクはこちら


でも最初にいつもの愚痴書いちゃう。
だからどうして素敵な公演は北九州ばっかりなのよ!
北九州芸術劇場があるからなのよね。
いつの間に福岡と逆転したのよ。
福岡には劇場少ないからね!
メルパルクなくなって久しいしね。
会場とか設備とか施設とか・・・
福岡市、文化施策ほとんどやる気がないしね!
演劇関係なにかと北九州はじめ別の地域に水あけられてるしね!

えっと、それについてはまた他の日に書こうと思います。
はい。

さて舞台。
観ながらの印象は
「これは生身によるビデオアートだ・・・」
というものでした。
(大好きな)インスタレーションを鑑賞している時にとても感覚が近かったと思います。
よって大変嬉しかったのです。

ダンスはパフォーミング・アーツだから「アート」なのは当然だし
普段ほとんどダンスの公演に行かない東雲ですが昨今のダンスパフォーマンスにはアート的側面の強いものも多いという印象もありますが
それにしても今回の公演を観ている間の一番の感想と言えば
「わああああ、アートだ・・。」
というものだったのでした。

もともと少林寺拳法などが大好き(知識はないけど)だったため一もニもなく席を取った公演でありましたが
その点では少し予想とは違った内容でした。
でももちろん予想が裏切られたことに何の文句もございません(笑)。

シンプルで美しい「四角形」が、想像を絶するテクニックと身体能力により次々と展開していきます。
「数」や「法則」の領域かと思われる、「理想」の世界。
あるいはデジタル。
あるいは宇宙。
そんなものたちが、人の身体と力、動きによって次々と紡がれる。
これはすごいことだ、と思いました。


いくら言葉を尽くしても、観ていただくより他に方法はないものですが
全く美しい公演でした。

そして思ったのは、美しさを表現するためにはやはり鍛えられた身体が有効(必要、とまでは言い切りません)だろうということ。
もともと東雲の立場はそこまで「身体」「肉体」を第一義に考えるものではなかったし
最近改めて自分の「武器」は言葉、だろうなあと思うのですが
(言葉に偏る傾向があるという弱点については大いに反省するとして)
それでも今回、「身体」というものと、もっとちゃんと向き合わなくては、向き合いたい、それが必要である、と思わせられたのでありました。

役者の身体(言葉、声も含めて)は、表現を「より」行い得るものとなることを目指す。

目指したい、と思ったのでありました。

楽しかった♪

さてたった今、
自分の武器は言葉(セリフ)である、
と書いたばかりですが
つい昨日、「ないセリフ」が一番重要である、という脚本を書きました。
当初の予定よりはやっぱりセリフが増えてしまいましたが
最も重視しているのは「セリフのない」シーンであり、そのシーンのためにこの一本を書いた、というものであります。

しかしセリフを書かずあまつさえ演出としては役者さんに賭ける、ただ賭ける
逆に言うと作家としても演出家としても、自分は何もせずに役者さんに全部やらせようとするという
よく考えたらかなり非道な脚本だと非難されるかもしれません。

が、そんな非道な作品を、ぜひ上演したい、すぐしたい、と珍しくそんな気持ちになっています。




posted by ゆう at 18:27| Comment(0) | 観劇
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: