2015年12月28日

Soil Train参加公演のまとめをサイトでやりながら思った事。

ashitari-fuyu.jpg


やり始めると意外と手がかかりました(笑)。
ともあれ、2015年12月13日、熊本のSoilさんのイベントに参加させていただいた公演について、サイトに記事をまとめることができました。
簡単なレポに加え、スナップ写真にキャプションつけたりいろいろやっております。
ご覧いただけますと大変幸いに存じます。

BNRNサイト
http://yu-sinonome.mimoza.jp/index.html

早いもので、あの公演から二週間が経過しました。
公演終了直後から、みんなの目は、行動はすでに次へ
東雲も視線を先に向けて、
すでにあの日は過去のものとなっているかのようですが

時間というものは恐ろしいもので

タイムマシンもどうやらまだ出来ていないらしい今現在では
やってしまったことは「時間」の流れの中に明確に刻印され
なにをどうしたってもはや消しもできなければ一ミリだって動かせるものではなく

つまり

「やった」という永遠をわたしたちは手に入れたわけであります。
こいつは、これからも「やる」しかないわね。

それはそれとして

公演前の期間中は、メンバーの皆様に恵まれて、楽しかったり感動させていただいたりも多かったとはいえ
(特に自分について)発見したり驚いたり
(実に自分について)絶望したり先行き不安になったり
やったことない行動に出てみたり
心を裸にしてみたり見つめてみたり
落ち込んだり震えたり冒険したり
つまり波立つ心になかなか身体も疲弊してはいたのですが

にも関わらず
公演の過ぎたある一日にふと、

あの日、わたしはしあわせだったのだ。

間違いなく、しあわせな日々だったのだ。

ということが身体の内側からふっとわかって
有難さに包まれたことでありました。

幸せは時に悪魔に似てわたしを掴んで離さず
きっと次の苦しみに突き落とそうとするのでしょうが

そんなことは今は忘れて

ただただ、
「しあわせだった」ことに気付けた喜びと軽い驚きを何度も味わいながら
冬の日差しの中にいるわけであります。

ありがとう。
ありがとう。

そしてこれからもどうぞ宜しく。


posted by ゆう at 20:58| Comment(0) | 公演